[x1]2021年5月10日に紙面刷新

新聞を読んでいますか?

日本経済新聞 は、2021年5月10日に紙面刷新しました。朝刊での主な変更事項は以下の通りです。

月〜水曜特有の紙面(掲載日変更など)

  • NEXT1000面 火曜日→月曜日
  • インサイドアウト面 月曜日・新設
    過去の習慣から、いまを解き明かす
  • 教育面 月曜日→火曜日
  • スタートアップ面 月曜日→水曜日

レギュラー紙面

  • 政治面→政治・外交面(名称変更)
  • 経済面→経済・政策面(名称変更)
  • 企業面→ビジネス面など(内容の細分化)
    ・新技術;テック面(火曜日、金曜日)
    ・新体制・新商品;ビジネス面
    ・新組織;企業・人事面
  • マーケットデータ面
    東京市場のデータ集を一覧形式にて掲載
    従来のマーケット総合面では分析、解説
  • グローバル市場
    マーケットデータ面の簡素データ。
    [月曜日] 前週のデータ振返り
    [火~土曜日] 前日のデータから重要な項目をピックアップ
    株式市場、債券市場、為替市場、商品市場の動向(概要)が一目瞭然で把握できるようになりました。

まとめ

今回(2021年5月10日)の紙面刷新によって

  1. 『ビジネス』『テック』などの企業情報
  2. 『マーケットデータ』『グローバル市場』などのデータ

を横断的に読むことが、ますます大切になっています。自分に必要な情報がどこにあるのか、早めに確認しておきましょう。日本経済新聞を読むことは、投資の基本であり、生きる知識の基本、お金の知識を学ぶ 基本と言えます。

北海道うまれ。札幌、東京、大阪、岡山など、全国各地でセミナーや講演活動を行い、好評を博す。2013年より「健康なお金の専門家」として、日経新聞の読み方教室、資産運用や税金対策、資格取得講座を中心に、”見えるお金・分かるお金・せせらぐお金”の探究を楽しんでいる。