【CFP®金融】標準正規分布

 ポートフォリオに関する出題はさまざまで、基本は期待収益率や標準偏差ですが、その応用として正規分布に関する出題があります。

 正規分布は、統計学に基づく考え方です。金融資産への投資にあてはめた場合

  • 〇〇%の収益を獲得できる投資家の割合は概ねこのような分布になります
  • 〇〇~□□%の収益を獲得できる投資家は全体の△△%です

といったことが分かります。

正規分布
正規分布

 試験では「正規分布表」を所与されますが、これは正規分布に入る確率(割合)を実現するための成果(収益率;横軸)を求める表です。統計学を理解する必要はありませんが、図や表が何を意味しているのか、どのように活用するかを理解しておく必要があります。下記、解答を確認するほうが理解が早いと思います。

2021年第2回(問題30)解答

  • 資産GKの収益率が73.3%の確率で収まる範囲
  • 期待収益率;8.0%
  • 標準偏差;12.5%
2021年第2回(問題30)解答

2019年第2回(問題30)解答

  • 資産HAの収益率が95.0%の確率で収まる範囲
  • 期待収益率;6.0%
  • 標準偏差;12.0%
2019年第2回(問題30)解答

■合格したいあなたへ(各課目の要点解説)
 金融不動産ライフリスクタックス相続

■試験対策(2024年第1回試験向け)
 最新版オリジナルテキスト(購入)テキスト訂正事項受験対策講座

■CFP®試験・金融資産運用について
 ・金融資産運用に合格したいあなたへ
 ・試験分析/金融 2021年 第1回 第2回
 ・試験分析/金融 2022年 第1回 第2回
 ・試験分析/金融 2023年 1回 第2回

北海道うまれ。札幌、東京、大阪、岡山など、全国各地でセミナーや講演活動を行い、好評を博す。2013年より「健康なお金の専門家」として、日経新聞の読み方教室、資産運用や税金対策、資格取得講座を中心に、”見えるお金・分かるお金・せせらぐお金”の探究を楽しんでいる。